入れ歯

入れ歯

入れ歯

入れ歯について

入れ歯について

「入れ歯」とは、病気や加齢、事故などにより欠損した歯の部分に人工歯を入れることで、機能性や審美性を改善させる治療です。入れ歯は大きく分けて「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類があり、「総入れ歯」は歯をすべて失った場合に使用され、「部分入れ歯」は歯が1本でも残っている場合に使用されます。「入れ歯」は患者様の歯型を基に作られますが、ご自身にとって最適な「入れ歯」にするためには完成後の調整が欠かせません。ですので、「入れ歯」をお渡しした後も定期的に通院するようにお願いしております。また、歯科医院で定期的にメンテナンスを受けられることで、「入れ歯」を長持ちさせることができるようになります。

入れ歯の種類

  • ノンクラスプデンチャー

    金属のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯です。金属のバネを使用しないので審美性に優れており、周りの人にも入れ歯を装着していることが気づかれにくいという特徴があります。金属アレルギーの方でも安心してご使用頂けます。

  • 金属床義歯

    床部分を金属で作った入れ歯です。金属を使用することで耐久性を高めることができるだけでなく、入れ歯を薄く仕上げることができるので、装着時の違和感や不快感が少ないという特徴があります。また熱伝導にも優れているので、食事を美味しく味わいたい方にもおすすめです。

  • レジン床義歯

    床部分をレジンというプラスチックで作った入れ歯です。プラスチックを使用するので軽く、修正しやすいという特徴があります。また保険が適用されるので費用を抑えることができます。

こんな方におすすめ

  • >病気や加齢、事故などにより歯を失った
  • >自分の歯に合った入れ歯がほしい
  • >今使用している入れ歯に問題がある
  • >入れ歯を装着していることを、周りの人に気づかれたくない
  • >インプラント治療に抵抗がある
当院の入れ歯治療の特徴

当院の入れ歯治療の特徴

当院の院長は歯科大学で「高齢者歯科」に所属し、義歯(入れ歯)を専門分野としておりましたので、歯の型取りの際の不快感(嗚咽など)をできるだけ少なくするために、型取りの材料の量やトレーの選び方などにも細心の注意を払っております。
是非当院で、ご自身に合ったしっかり噛めて痛くない入れ歯を作ってみませんか?

口内のお悩みは、気軽にご相談ください

むし歯・歯周病の治療だけでなく、病気になる前の治療「予防治療」にも力を入れております

pagetop